しっかりと見極めて良い賃貸物件を探す方法【魅力物件大紹介】

集合住宅

仲介料が無料

マンション

全ての賃貸で手数料が必要なわけではない

元々、賃貸の取引態様というのはケースによって分類されています。 貸主、代理、そして仲介です。 昔からこの三つで取引が行われており、この内仲介手数料が必要になるのは三つ目の仲介のみなのです。 貸主や代理で賃貸借契約が締結されるときには、不動産を提供しているのはあくまでも不動産の所有者本人であるという解釈がされます。 しかし、仲介の場合は第三者を介して取引を行うことになるため本人が直接取引をするわけではありません。 そのため、昔も今も仲介手数料は仲介をしてもらったときにだけお金を支払う必要があるのです。

不動産会社に物件があるかどうかをまず聞くこと

仲介手数料は、不動産会社と相談をすることによって無料にすることも可能です。 具体的には、不動産会社に対して貸主物件や代理物件が存在するかどうかを確認するのです。 このように聞いておけば、取引態様によって仲介手数料を支払わなくても済むようになります。 近年では、賢くなった入居希望者がこのような質問をすることを見越している貸主も存在します。 そのような貸主は、仲介手数料を半分支払っても良いとする文言を不動産会社に掲載するように依頼しているのです。 当然ですが、このような賃貸物件を利用すると余計な手数料を支払わずに済むようになります。 不動産会社に対して詳しく質問することによって費用を下げることが出来るものは多いのできちんと聞かなくてはいけないのです。