しっかりと見極めて良い賃貸物件を探す方法【魅力物件大紹介】

不動産

仲介料が無料

マンション

賃貸借契約を締結するためには、大半の場合で仲介手数料というお金を支払わなくてはいけません。 しかし、実はこの仲介手数料は支払わなくても良いケースが存在するのでこのケースをしっかりとチェックしましょう。

テナント物件をチェック

アパート

賃貸物件のなかでも便利なのがテナント物件が一階に入っている物件です。特に24時間営業をしているコンビニや気軽に買い物を行なうことが出来るスーパーなどが入っている物件は非常に便利です。

リノベーション物件がお得

住宅

最近では多くの方に人気がある賃貸物件がリノベーション物件となっています。リノベーション物件は設備や部屋の間取りなどを改装する事によって住みやすくした物件となっているので実際の築年数よりも住みやすい物件となっています。

不動産契約を結ぶ

集合住宅

不動産会社には三つの種類がある

一般的に、賃貸というサービスを提供している会社には三つの種類が存在します。 一つは、不動産を貸し出している賃貸会社です。 これは、不動産会社や個人の大家が入居希望者に対して直接物件を提供している会社です。 二つ目が、不動産を大家から預かって代理でサービスを提供している会社です。 賃貸借契約を締結するための特定の資格を持っていない人は、この代理を利用して賃貸を行っている人が多いです。 そして、三つ目が不動産を仲介する仲介業者です。 貸主と借主を仲介して賃貸借契約を締結することになるため、この場合に仲介手数料が必要になるのです。 言い換えれば、三つ目のケース以外は仲介手数料は必要ないということを知っておかなくてはいけません。大阪や東京などでも契約や仲介手数料の決まり事などは殆ど変わりません。

仲介手数料は法律的な上限がある

賃貸物件を借りるのであれば不動産会社が仲介業者である場合もあります。仲介業者である不動産業者は貸主と借主の話し合いを上手くまとめることが大事になります。 基本的に、仲介をする場合には双方が納得をして話を同意させなくてはいけません。 うまくまとめることを条件として仲介手数料を支払うことになるため、基本的に手数料は成功報酬として支払われることになるのです。 仲介業者の存在は、昔から賃貸借契約を締結するためには必要なものとして重宝されました。 社会で働く人にとっては、賃貸借契約の話し合いや情報収集で時間を多く割くことは出来ません。 そのため、仲介業者のように話をまとめて効率よく賃貸借契約をしてくれる業者は貴重なのです。 現在でも仲介業者が中心となって不動産業界を引っ張っています。